学科概要

~次世代知能化情報システムの創出を目指して~

情報知能工学は、「情報」を媒体として既存の諸工学分野を
有機的に結合し、「知能」による創造的プロセスを追求するとともに、
次世代の「知能」化情報システムを創出する
これまでに無い新しい学問領域です。

情報知能工学科では、旧来の学問の壁を打ち破る
フロンティア精神に溢れた教育・研究の推進とともに、
創造性豊かな思考と研究開発能力をもった
技術者・研究者を養成しています。

 システム情報学研究科の専攻・講座一覧

 教職員一覧

情報知能工学科の教育の特色

情報知能工学科の授業科目は、基礎科目と先進的・学際的な専門科目から構成されています。
これらの基礎および専門知識を統合・融合することにより、高度情報化社会の様々な技術問題を解決できる能力を養います。

情報知能工学科の学生は、より専門性を高めるために、大学院においてシステム情報学研究科に進学することができます。
そして、システム情報学研究科の博士課程前期課程では、システム科学・情報科学・計算科学の各専攻分野に関する幅広い知識及び学際的視点を有する創造性豊かな高度専門職業人を養成します。

博士課程後期課程では、自ら問題を設定・探求・解決できうる高度な課題探求能力、豊かな創造性と国際感覚を有する
研究者・高度教育研究機関の教員・高度専門職業人を養成するための教育研究を行います。
さらに、専門科目の複数教員担当制や研究科横断科目の導入によって高度な専門性とともに広範な視野を身に付けた人材を養成します。