ホーム > 専攻の目的

専攻の目的

 前期課程では,システム情報学研究科の各専攻分野における幅広い知識及び学際的視点を有する人材,特に新興領域・融合領域での問題解決に肝要となる複眼的視野を有する創造性豊かな高度専門職業人を養成するための教育研究を行うことを目的とします。後期課程では前期課程の教育を更に発展・深化させるとともに,自ら問題を設定・探求・解決できる高度な課題探求能力,新たな知識・価値の創出に寄与する豊かな創造性と国際感覚を有する研究者・高等教育研究機関の教員・高度専門職業人等を養成するための教育研究を行います。


システム科学専攻
 大規模・複雑なシステムを対象に,アナリシスとシンセシスを効果的に実践するシステムズ・アプローチと問題解決能力を身に付け,機械システムや電気・電子システム,情報・ネットワークシステム,社会・交通システム,医療システムなどを対象に,それぞれの専門分野の深化のみならず異分野間の統合化を通じて新たな理論や技術・方法論を創造することができる研究者や高度技術者を養成します。


情報科学専攻
 情報科学に関する基礎理論やその社会的応用に至る広範な学術領域において,基盤としてのコンピュータやネットワークの素養をベースに,価値ある情報の創出,表現,収集,蓄積,伝達,処理,利用など,広い視野を持ち指導的な役割を果たす能力を備えた研究者や高度専門技術者を養成します。


計算化学専攻
 スーパーコンピュータを用いた大規模シミュレーションによる基礎科学の探究と、先進的アルゴリズムや可視化手法等の研究開発を通じて、次世代の計算科学を担う研究者・技術者を養成するとともに、計算機シミュレーション手法を身につけて幅広い分野で社会に貢献する視野と能力を持った人材を養成します。
 さらに,同専攻には,前期課程・後期課程に渡る一貫的な教育コースである「計算科学インテンシブコース」を設け,高性能計算を駆使した革新的な科学技術を開拓・展開・実践する卓越した能力を身に付けた研究者・技術者の養成を目指します。

ページの先頭へ
HomeアクセスサイトマップリンクEnglish


神戸大学 大学院 システム情報学研究科 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
Copyright (C)Graduate School of System Informatics, Kobe University. All Rights Reserved.