ホーム > 専攻の目的 > 専攻の紹介 情報科学専攻

専攻の紹介 情報科学専攻

システム科学専攻情報科学専攻計算科学専攻


情報科学専攻 専攻紹介
 情報科学専攻では,高度情報化社会に貢献する情報科学技術の新たな学問分野の開拓と展開を目指します。このため,単にコンピュータプログラミングに特化した教育研究ではなく,コンピュータ,ネットワーク,並びにこれらの有機的な組合せである情報システム,さらには,コンテンツとしてのメディアや知能までをも対象に,情報の数理的基礎理論の構築,情報処理の新しい方法論の探究,及び先端的な情報応用技術に至るバランスの取れた教育研究を行います。

研究グループ

情報基礎講座

情報の数理的基礎理論,並びに,情報処理のための要素技術に関する教育研究を行います。

情報数理

数理論理学と数理統計学を中心に,情報や計算,推論,数理モデルとも関連する数理的な基礎理論の研究教育を行う。特に,種々の代数的構造など情報科学などで広く用いられる数学的構造に関する理論と計算可能性やアルゴリズムに関する理論,数学的命題や推論,証明を表現するための形式的言語の構文論と意味論を論じる数理論理学と数学的な対象や構造を表現するための基礎的な概念に関する理論である集合論,数理論理学や集合論の情報科学や関連する諸分野への応用,さらに,与えられた情報の背後にある現象の数理モデルに対する推測理論である数理統計学に関する教育を行います。


アーキテクチャ

情報処理のための要素技術であるハードウエアアーキテクチャ技術に関し,特にVLSI上に実装される情報処理システムの高性能化技術について教育研究を行います。具体的には,並列処理アーキテクチャ技術,高性能回路技術,組み込みシステム技術,さらには,低消費電力化技術などをトピックとして,実設計を通してハードウェア基礎理論の教育研究を実施します。また,これらの教育研究をベースにソフトウェアと協調するハードウェア設計を実施し高性能情報処理システムを実現できる人材を育成します。


ソフトウェア

高信頼ソフトウェアの設計・構築に対する科学的アプローチの習得を目的として,数理論理学とソフトウェア及び宣言的プログラミングに焦点を置き講義を行います。具体的には,命題論理とソフトウェア,述語論理・直観主義論理とソフトウェア,非標準論理とソフトウェア,論理プログラミング,制約プログラミング,関数プログラミングなどをトピックとして,背景理論の解説及び関連するソフトウェアツールを利用した課題実践を通じ,ソフトウェア科学及びプログラミング言語に関する教育を行います。



知能情報講座

情報の表現・獲得・処理のための方法論やアルゴリズム,並びに,その応用に関する教育研究を行います。

情報システム

ユビキタス情報システムの構成と設計に関する教育研究を行います。具体的には,ユビキタスシステムを具現化する情報通信デバイスの構成論,及びワイアレス通信と情報処理を高位統合した組込み情報システムの構築論,高い環境擾乱耐性を実現するVLSIシステムの設計方法論を扱います。ミックストシグナルVLSIのモデリング・シミュレーションと設計自動化技法,ソフトウェア無線とプロセッサシステム,ユビキタス・アプリケーション,など,ヘテロジニアスな技術領域を幅広く融合して高度な情報システムを創出できる人材を育成します。


知的データ処理

情報技術が飛躍的に発展,普及し,また,色々な分野との融合が進むに伴い,多様なデータが,日々,創り出されています。本分野では,このような膨大で複雑な構造を有するデータから,意味のある情報や価値のある情報を検索,発見,あるいは生成し,さらに,それを利活用するための「知的データ処理」に関わる基礎理論・アルゴリズム・処理方式,並びに,それらの現実世界における様々な問題への応用に関する研究と,その推進に必要な教育を行います。これにより,今後,更なる進展が必要なこの分野における高度な研究開発能力を有した技術者・研究者の養成を行います。


メディア情報

ユビキタス社会のような高度化した情報社会では,情報機器が生活において自然に使われる必要があり,人と情報機器の円滑なコミュニケーションが重要です。このコミュニケーションでは,音声や画像・映像といったメディア情報が,人にとって最も自然な意思疎通の手段として使われています。この点から,音声や画像・映像といった複数のメディア情報を認識・理解できる情報機器のアルゴリズムに関して教育を行います。さらに,メディア情報の認識・理解の下に,バーバル・ノンバーバルなヒューマンコンピュータインタラクションにより,人の状況や意図を理解して円滑なコミュニケーションを可能にする情報機器のアルゴリズムに関して教育を行います。


創発計算

システム要素の局所的な相互作用によって新奇で複雑なシステム挙動や大域的な秩序が生じる現象を創発といいます。本分野では,この創発現象を特徴付けるボトムアップとトップダウンの繰返し過程の情報論的形式化による創発計算の基礎理論・計算モデルの構築とともに,社会,交通,生産,医療,通信,ネットワーク,生体などの様々なシステムにおいて見られる創発現象を計算機内のインタラクティブ情報場において再現し,システム挙動の解明や性能改善を図るための方法論・理論・応用に関する研究・教育を行います。これにより,この分野における高度な研究開発能力を有した技術者・研究者を養成します。



感性アートメディア講座((株)国際電気通信基礎技術研究所)


感性アートメディア講座(連携講座:(株)国際電気通信基礎技術研究所)

情報を表現する手段は単に一方的なディスプレイだけではなく,状況に応じた表現を的確に用いることでその効果を高めることも減ずることも可能です。本教育分野では,状況を理解して複数の入出力手段によって的確に情報を伝える情報表現技術を対象とし,ヒューマンロボットインタラクション要素技術,音声インタラクション要素技術,ハプティックインタラクション要素技術の核技術に関する教育を行います。

ページの先頭へ
HomeアクセスサイトマップリンクEnglish


神戸大学 大学院 システム情報学研究科 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
Copyright (C)Graduate School of System Informatics, Kobe University. All Rights Reserved.