研究科紹介

研究科長あいさつ

大川 剛直

システム情報学研究科長
大川 剛直

神戸大学大学院システム情報学研究科は,神戸大学で最初の情報系の研究科として,2010年4月に創設されました。システム科学専攻,情報科学専攻,計算科学専攻の3専攻から構成され,大規模・複雑なシステムの解析・設計・運用のための方法論,情報の高次処理・利用に関する理論と技術,高性能計算の基礎と自然現象理解への応用などに関する教育と研究を実践しています。

このシステム情報学研究科も,創設されて10年を迎え,2020年度からは新たな10年がスタートしています。わずか10年ではありますが,この間に研究科を取り巻く状況は,大きく変容しています。人工知能,データサイエンス,モノのインターネット,ビッグデータ,ロボットなど,本研究科と関連の深い研究トピックスが大きくクローズアップされ,人間を中心とした豊かな未来社会であるSociety 5.0の到来も視野に入ってきました。また,本研究科の誕生のきっかけとなったスーパーコンピュータ「京」は既に引退し,その100倍の性能を有する「富岳」が稼働を開始しています。

これらの最先端技術を深化させ,融合することにより,新たな価値の創出に寄与できる人材の育成を推し進めることが,Society 5.0の実現に向けた教育研究の中核を担う組織として,神戸大学大学院システム情報学研究科に課された使命と考えています。多くの学生諸君が,システム情報学研究科に集い,魅力的な未来社会の創造に向けて,意欲的に取り組んでもらうことを心より願っています。


教育・研究の目的

理念

システム情報学は,様々な「システム」に内在する意味のある情報である「システム情報」の創出・処理・利用などに寄与することを目指す学問領域です。ここで言う「システム」は,いわゆる情報システムを指すものではなく,宇宙,地球,人間,生体,人工物などを包含し,自然から工学,社会までの広範な「システム」を意味しています。
システム情報学研究科では,このようなシステム情報学を追求するための理論・方法論に関する教育研究を強力に推進します。

教育目的

システム情報学研究科は,システム情報(自然から工学,社会までの広範なシステムに内在する意味のある情報)を核に,サイバーおよびフィジカル空間の専門性(縦軸)とともに,これらの融合による社会を見通せる俯瞰的視野(横軸)を兼ね備えた人材の育成するための教育研究を行うことを目的としています。

研究目的

システム情報学研究科は,自然科学研究科,工学研究科から受け継がれた理念でもある学際性・総合性に富む学術研究,産学連携研究,地域密着型研究を推進し,実践性を重視するとともに,従来の学問分野にとらわれない新興領域・融合領域において広く社会に貢献することを研究の目的としています。


公開資料

パンフレット

システム情報学研究集報

過去の集報はこちら

紀要(外部リンク)