ホーム > 永田教授・三浦特命助教の研究グループによる高解像度タッチパネルの研究成果が日経新聞一面で紹介されました

研究科の動向一覧

  • 情報科学専攻
    2014/03/28 永田教授・三浦特命助教の研究グループによる高解像度タッチパネルの研究成果が日経新聞一面で紹介されました

永田真教授・三浦典之特命助教の研究グループによる高解像度のタッチパネルに関する研究成果(パナソニックとの共同研究)が日経新聞2014年3月26日夕刊の一面で紹介されました。毛筆による細かな筆遣いをも検知・再現できる直感的なヒューマンインターフェース技術を開発し、国際会議ISSCC2014において発表した研究成果が新聞報道されました。

Web:
 http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1302P_W4A320C1MM0000/
 http://isscc.org/

ページの先頭へ
HomeアクセスサイトマップリンクEnglish


神戸大学 大学院 システム情報学研究科 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
Copyright (C)Graduate School of System Informatics, Kobe University. All Rights Reserved.