ホーム > 永田真教授・三浦典之特命助教・藤本大介研究員の研究グループがWorkshop on Cryptographic Hardware and Embedded Systems (CHES)においてベストペーパー賞を受賞しました

研究科の動向一覧

  • 情報科学専攻
    2014/12/11 永田真教授・三浦典之特命助教・藤本大介研究員の研究グループがWorkshop on Cryptographic Hardware and Embedded Systems (CHES)においてベストペーパー賞を受賞しました

永田真教授・三浦典之特命助教・藤本大介研究員の研究グループによる「情報通信機器の安全性を高める攻撃検知センサの設計技術」の研究論文がIACR Workshop on Cryptographic Hardware and Embedded Systems (CHES)においてベストペーパーに選定されました(2014年9月)。東北大学との共同研究による科研費(代表:永田真、基盤研究(A))の研究成果です。なお、CHESは暗号ハードウェアと組込みシステムに関する国際会議であり、当該分野で最も良く知られています。

Web:
CHES http://www.chesworkshop.org/ches2014/start.php
CHESベストペーパー http://www.iacr.org/cryptodb/data/bestpapers.php
関連プレスリリース http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2014/09/press20140924-01.html
関連記事 http://economic.jp/?p=40610

ページの先頭へ
HomeアクセスサイトマップリンクEnglish


神戸大学 大学院 システム情報学研究科 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
Copyright (C)Graduate School of System Informatics, Kobe University. All Rights Reserved.