ホーム > 玉置久教授らによって行われていた「直流マイクログリッド」に関する研究が神戸新聞8月30日の朝刊で紹介されました

研究科の動向一覧

  • 情報科学専攻
    2015/08/30 玉置久教授らによって行われていた「直流マイクログリッド」に関する研究が神戸新聞8月30日の朝刊で紹介されました

玉置久教授らによって行われていた、南あわじ市・沼島での「直流マイクログリッド」に関する研究が神戸新聞8月30日の朝刊で紹介されました。本研究は、環境省の委託研究事業で2012年度から2014年度まで、神戸大学と兵庫県立工業技術センター、富士電機など9機関が共同で離島「沼島」をフィールドとして実施したものであり、開発した「直流マイクログリッドシステム」を用いることによって、現在の交流送電システムに比べ、2割の節電が達成できることが実証された。

Web:
神戸新聞(2015/08/30朝刊) http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201508/0008350202.shtml

ページの先頭へ
HomeアクセスサイトマップリンクEnglish


神戸大学 大学院 システム情報学研究科 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
Copyright (C)Graduate School of System Informatics, Kobe University. All Rights Reserved.