ホーム > 谷口隆晴准教授と学生の石川歩惟さんが日本応用数理学会2017年度論文賞(理論部門)を受賞しました

研究科の動向一覧

  • 計算科学専攻
    2017/09/07 谷口隆晴准教授と学生の石川歩惟さんが日本応用数理学会2017年度論文賞(理論部門)を受賞しました

谷口隆晴准教授・学生の石川歩惟さんによる,シミュレーション手法に対する理論解析についての論文が,日本応用数理学会2017年度論文賞(理論部門)に選ばれました。この論文は離散勾配法と呼ばれるシミュレーション手法が,力学理論に内在するある種の不変性を保っていることを数学的に証明したもので,この分野において理論的に大きな影響を与えるのみならず,工学的にも新たな展開が期待できるとして評価されました。(2017年9月)

論文名 「ハミルトン方程式に対する離散勾配法のRiemann構造不変性」

Web : http://www2.jsiam.org/ronbun-bestauthor2017/

 
ページの先頭へ
HomeアクセスサイトマップリンクEnglish


神戸大学 大学院 システム情報学研究科 〒657-8501 神戸市灘区六甲台町1-1
Copyright (C)Graduate School of System Informatics, Kobe University. All Rights Reserved.